ひながたり。

writing practice as practice flight

ブログ作って3年経ってた

はじめに

ブログ、2014年の2月に開設だけしてて、けれど5月の初投稿記事までしばらく放置してた。2014年の2月に何があったかというと、ALcotの新作Clover Day'sがそろそろ発売されるよということで体験版が公開されてて、しかもツイッターで感想つぶやくと何か抽選当たるよという話だった。当時の僕はそれに乗っかろうとして、ならばちゃんと感想書いたらもっと当選確率上がるんじゃないかと安直に考えて、ちょっと長めに感想書いた。それを投稿しようと思って作ったのがこのブログだった。

 

さて、ここまではこれまでの振り返り記事*1*2でも書いた通りなんだけど、こうして振り返る機会が来るたびに、当時から過ぎた年月の長さには驚かされる。文章を書き続けてきたことでいくつかの発見、それは概ね良いことであったけど、思考の整理が進み・少しは論理的に物事を考えられるようになり・そして知らない世界にも触れることができた。その一方で、あまりにも長くブログに時間を割きすぎた結果、ここに存在する人格と現実世界の人格とはもはや不可分になりつつあるのと、記事を書くのに費やした時間の裏返しでコードを書く時間は確実に減っていたのだった。これまでの振り返り記事ではブログ開始以前の原初の草稿を引用してきたけど、もうストックは存在しない。なのでここで新しく書くことにするけど、なんにせよ書き続けてれば何かしら良いことあるよ、ということが言いたかった。

 

  • はじめに
  • 意識せずともできていたこと:継続すること
  • 意識せずともなってしまったこと:現実世界の人格と不可分になること
  • 意識してたらできていたこと:よるところの文体を見つけ出すこと
  • 意識してたけどできなかったこと:長めの記事を書くこと
  • 意識してやっていたこと:閉じた感想を書くこと
  • 意識してしなかったこと:役立ちを追求すること
  • あとがきにかえて:だが、コード書きは最後はコードで語らなければならない
続きを読む

豊穣の卓上娘

要約

美少女ゲームブランドminoriの2017年卓上カレンダー、ゲームで遊んだ時間を日々記録しながら健やかに運用中です。実りある生活の経緯と知見を語る。

 

  • 要約
  • 発端
  • プロダクト
  • 記録対象
  • Intermission
  • 知見KPT
    • Problem
    • Keep
    • Try
  • 謝辞とか
続きを読む

「達人プログラマー」 再読した

経緯

いつものようにRebuildを聴いた。ゲストはHajime Morritaさん。

 

rebuild.fm

 

今となっては古典になりつつある書籍、達人プログラマーについて語る回。書籍にたいする批評の詳細については配信を聴いてもらうとして、エピソードの終わりごろで出てきたゲストの発言が印象に残ってた。以下に文字起こしで引用する。

 

本当に言いたいのは、この本の良し悪しではなくて、この本を読んだ人は、あなたが思ったことをどこかに書いてくださいってことなんですよ。

あなたは達人プログラマーを読んで感化されたあと、どういう人生を送ってきたんですかっていう、10年とか5年とか、それが知りたいんですよね。

 

今となってはだいぶ昔のことだけど、僕もかつてこの本を読んでたから、それで上の発言が印象に残ってた。ここで言われている話、「どういう人生を送ってきたか」までいくとちょっと大げさだけど、本書を読んだことで結果的に世界線を移動していたのかどうか、今の時点で少し振り返ってみたくなった。あと最近になって本棚の整理をしていたらちょうど本書が出てきて、ちょっと読み返したいなと思っていたこともあって、再読する時宜を得た。

 

  • 経緯
  • 本の歴史
  • 本の内容
  • 読んでから8年が経った
  • まとめ

 

続きを読む

つくしあきひと 「メイドインアビス (5)」 読んだ

以前から読んでるメイドインアビス*1、最近になって最新刊の5巻が発売されたとのことだったので、秋葉原COMIC ZINまで出向いて買った。この作品は昨年末にも読んでて、奇しくも2年連続で潜る年末*2と相成った。単行本オビにはTVアニメ化決定とあってめでたい。例によって早速表紙カバーを外すと祝福がある。

 

 

以下詳細は伏せて簡潔に書く。軽くネタバレ注意です。

続きを読む

佐藤雅昭 「なぜあなたは論文が書けないのか?」 読んだ

タイトルの通りで論文書けなくてきびしいので読んだ。

 

なぜあなたは論文が書けないのか?

なぜあなたは論文が書けないのか?

 
続きを読む
お越しくださりありがとうございます。このブログについて