読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひながたり。

writing practice as practice flight

自分と向き合う静かな時間

以前にも記事*1にした能登麻美子のおはなしNOTEをAG-ONで聞いていたら、とある一節が心に刺さったので以下に引用。口述筆記の要旨だけど、趣旨は捉えていると思う。言葉の使い方がとてもしっくりきて、さすが言葉に魂を込めている職人は違うな、と思った次第…

臨海のサイバースペース

東京はお台場の臨海地域には、世の中より少しだけ未来に近いサイバースペースこと日本科学未来館 (Miraikan)があります。毎年この時期になると訪れたくなって、というのもDC EXPOが開催されているからなんだけど、今年も例年通りに行ってきたのでそのメモ。 …

世田谷美術館 「ユートピアを求めて」

文化放送 超A&G+で夕方5時~6時に放送している『A&G NEXT GENERATION Lady Go!!』という番組があります*1。毎週月曜は声優の上坂すみれがパーソナリティをつとめていて、いつの放送かは忘れたけど、芸術っぽい話題でロシア・アバンギャルドが取り上げられ…

シューティングゲームとエピックウィン

はじめに 先日の記事*1で触れた「東大卒プロゲーマー」の著者・ときど氏いわく、「何かに真剣に取り組むと、たとえそれがゲームであっても、いつの間にか、成功するための「型」のようなものが身につく。」と。氏はゲームで培った「型」を生かして東大に合格…

竹内薫 「超ひも理論とはなにか」

膨大な人智を前にしたときのわくわくする気持ちを、久方ぶりに思い出したよ。 1年ぶりくらいに図書館を訪れた。大学に入って学部生の頃は毎日のように通っていたんだけど、本格的に研究を始めてからは行く機会も少なくなって今に至る。それでも研究を始めた…

ニューロマンサー気分

根の深いバグに一日の大半を費やした。バグ取りというと全く楽しくならないけど、ここはニューロマンサー風に虫退治《バグ・フィクス》と表現すると、否が応でもワクワクしてくるのだから単純なものだ。両の手を操作卓《コンソール》に添え、耳机《ヘッドホ…

能登麻美子 「おはなしNOTE」 - 夢十夜

眠りしなに夏目漱石の「夢十夜」の朗読をぼちぼちと聴いている。声優の能登麻美子が読み手をつとめる朗読CD「おはなしNOTE」には、これまで番組で放送された18篇の朗読のほか、ボーナストラックとしての前述の夢十夜が全十夜ぶん、時間にして約70分もの長編…

日記を書きたい

以下の記事にインスパイアされています。感謝! 日記つけててよかったー! と思った瞬間 - ゆらのふなびと ブログを書くようになってから、プライベートな日記を書く頻度が下がってしまったのだけれど、実質的な文章のアウトプットの総量は変わっていないか…

NVIDIA 「Geforce GTX650」

GIGABYTE グラフィックボード Geforce GTX650 2GB PCI-E GV-N650OC-2GI/A 出版社/メーカー: 日本ギガバイト メディア: Personal Computers この商品を含むブログを見る このグラボはDVIが2つと、miniHDMIが1つで、最大3画面まで出力できる。それを知った僕は…

Git攻略

来たるべき日に備えてGitをちょっとだけ触ってみる。 個人的にSubversionを長いこと使ってきたのだけれど、数年前に複数人でやってみたらのっぴきならなくなってしまった。そこで次こそは上手くやりたいと思って、分散バージョン管理に鞍替えしようか思案中…

日本のスパコンは今何位かな

はじめに ひところ流行した「2位じゃダメなんでしょうか?」論争と、それをひっくり返した京コンピュータの会心の首位獲得からもだいぶ経って、ややもすれば平穏を取り戻しつつあるスパコン界隈だけど、実際のところ日本勢は今現在でどのくらいの地位を占め…

今週のお題「2014年、夏の予定」

夏の予定はまだないです。でも積んだ本とゲームを消化したいなとは思ってる。 本を読む時間をあまり確保できていないにもかかわらず、以前と同様のペースでアマゾンで本を買うものだから、本棚から本があふれてきた。棚をもう一つ買うか、自炊して減らすかの…

モレスキン白版(星の王子さま)

ケイブが2002年に発売した「怒首領蜂 大往生」では、初期出荷の白版(通称白往生)のほうが、後期出荷の黒版(通称黒往生)よりも難しいとされています。同様にしてモレスキンもまた、白版のほうが黒版よりも難しいです(主に入手難易度的な意味で ;-)。 戯…

我らはかつての力を失いたり、されど

長い長いフライトの退屈しのぎに「007 スカイフォール」の吹替版を観ていたら、物語中盤でMが述べた台詞が妙に心に響いてしまった。公開当初に字幕版を観たときには全然印象に残っていなかったんだけど、ここは吹替の巧さに感服。作中ではテニスンの詩の一節…

視覚と聴覚

この記事を読んで。 視覚優位と聴覚優位って何さ?! 「天才と発達障害」を精読してみた(6510文字) - 猫箱ただひとつ。 以前に読んだウィトゲンシュタインの「論理哲学論考」の影響で、僕は言葉でしか物事を考えられないという発想に囚われた。人間の思考の…

言葉で伝える安心感

英語のプレゼンを聞いていたら、スライド1枚の中の半分は式とか図で、残りの半分は12ptくらいの文字の文章でびっしりと埋めてある、そんなスライドがどんどん出てきた。話者はご丁寧にもスライド中の一文一文をそのまま述べてくれる。これは読む気にならない…

手帳を雨に濡らした

モレスキンの18ヶ月ダイアリーを愛用しているんだけど、昨日の大雨でひどく濡らしてしまった。きちんと防水対策を取っていなかったことを後悔。 18ヶ月ダイアリーはハードカバーのラージを使っていて、このA5サイズが少し狭くなった大きさがしっくりと手にな…

運を貯める生き方

以下はこの記事に影響を受けていなくもない: 縁や偶然を大事にする生き方 - ignorant of the world -散在思考- 2013年は個人的にも良い年だったので、なんとなく運を使ったんだろうなと感じ、2014年は運を貯める生き方をしようと決心したのが年初。それから…

廃墟少女の愉しみ方

廃墟少女について書いた*1ついでに、ノートをしたためながらつらつらと考えごとをしていた。 僕は作家の泉鏡花とか、あるいは画家でいうとフレデリック・レイトンとかの、いわゆる耽美主義や唯美主義と呼ばれる作者に傾倒していたことがあったんだけど(今で…

艦これと二次創作

艦これにログインしなくなって2ヶ月が経過した。ログインできないほどに忙しいわけではないのだけれど、どうにもモチベーションが湧いてこない。次にログインしたら霧島を改二に改造して、上限まで自然回復した資源で大型建造を回して、遠征に出していた艦隊…

恐怖に対する想像力

TSUTAYAから借りていたサカサマのパテマを見ました。返却期限までに見られて良かった。 パテマが持っている、空に落ちることへの恐怖の描写が秀逸だと感じました。恐怖というのは生死に直結する感情ですから、死を避けるべくして恐怖を感じるわけであって、…

お越しくださりありがとうございます。このブログについて