読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひながたり。

writing practice as practice flight

日記を書きたい

以下の記事にインスパイアされています。感謝!

日記つけててよかったー! と思った瞬間 - ゆらのふなびと

 

ブログを書くようになってから、プライベートな日記を書く頻度が下がってしまったのだけれど、実質的な文章のアウトプットの総量は変わっていないから、別にまあいいやと考えていたんですよね。

 

そしたら先日、ひょんなことから大学時代の先輩に会う機会に恵まれたんですが、何を話したものかとすこし逡巡しまして。そこで昔の日記をさかのぼってみたら、6年前の学生だった当時の感情・思考をありありと思い出すことができたんですよね。今となってはほとんど覚えていませんでしたが、当時の僕はその先輩のことをかなり尊敬していたらしいです。当時の自分が何を思って、何を考えていたか。今回の一件で(あと引用記事もあって)、感情とか思考とかを記録しておくことは、やっぱり大事だなあと思い直した次第です。

 

翻って最近では、ブログに文章は残していたものの、個人的な感情を記録する場面が減っていました。語りうる言葉を集めるという目的がある以上、その達成のために、多少の論理構造を持った文章をブログに残すことが僕にとっての手段です。そうした言葉を紡ぐためには、他人の目に触れうる緊張感が必要だから。でもそれらとはまた別に、何を思って、何を考えていたかは、個人的な日記で残しておくべきだなと思いました。たとえそれが今の時点では、何の役にも立たないと感じたとしても。むしろ逆に、それが役に立つか立たないかの境界は、現時点では判らなくて当然なのかもとも思います。

 

お越しくださりありがとうございます。このブログについて