ひながたり。

writing practice as practice flight

スチーム熱い

PCゲームプラットフォームのSteam*1、今年に入ってからアカウント取得して使い続けてる。Grand Theft Auto VのPC版が(延期を重ねながらも)今年4月に発売されるということで、僕はこれまでGTAシリーズを遊んだことがなかったんだけど、そろそろ遊ぶ頃合いかなと思ってアカウント取ってGTA5買ったんだった。でもいまだに半分も終わってないのと、あとセールのたびにちまちまとゲームを買い足すせいで、以来順調に積みゲーを増やしながら今に至る。前振りは以上で、今週は個人的にSteam熱の高まった一週間だった。

 

www.caveshmups.com

 

ひとつめがこのティザーサイト、このブログでも何度か言及してる*2*3シューティングゲームメーカー・CaveがSteamに参入するらしい話。各種ニュースサイト見てると、サイトの左右両端に見える紫弾らしきものが虫姫さまを彷彿とさせるとかなんとかで、言われてみるとそんな雰囲気ある。虫姫さま、詳しくはウィキペディアの記事*4に譲るけど、主人公は怒首領蜂大往生と違って慎ましくない萌えな感じで、あと難易度選択で挑発的なウルトラモードがあったりと、わりとエポックメイキングなタイトルだったと思う。稼働開始が10年以上前ということに驚くし、僕はオリジナルモードすらいまだにノーコンティニュークリア出来なくて、いつも5面くらいでやられる。

ちなみにティザーサイトにある "Steam can't dodge these bullets."、dogdeという英単語の意味わかんなくて、調べたら巧妙に避けるとかそういう感じの意味だった。

 

 

blog.mangagamer.org


ふたつめがこのブログ記事、PCでかつて発売された美少女ゲーム屋上の百合霊さんがありのままでSteamでも出るらしい話。記事冒頭の "Let’s make Steam a Yuritopia in 2016!" 、それから記事中のコウリュウ=サンのコメントに胸が熱い。でも実はこのゲーム遊んだことないのと、そもそもライアーソフト美少女ゲーム自体遊んだことなくて、あんまり語れることない。それでも少しはと思って、ライアーソフトが最近出したフェアリーテイル・レクイエムの体験版やってみたけど、雰囲気良さげだったのにあまりに怖くて途中で挫けた。やってる最中にHELLSING4巻の少佐の台詞が頭に浮かんだ。狂ってるのはどっちでしょうね。

「ありがたいことに私の狂気は君達の神が保障してくれるという訳だ よろしい ならば私も問おう」

「君らの神の正気は 一体どこの誰が保障してくれるのだね?」

ちなみに屋上の百合霊さんの英語版タイトル "Kindred Spirits On The Roof"、kindredという英単語の意味わかんなくて、調べたら親族とか同類とかそういう感じの意味だった。百合なのかな?

 

で、dogdeとkindredに限らないんだけど、最近英語能力下がりつつあってきびしい。この前久しぶりにTOEIC受けたら、有意に点数下がってて不穏だった。まあ下がるべくして下がったという感じで、大学離れてから英語に触れる機会、とりわけ話す機会が無くなっているのが良くない。仕事にかまけてたら英語論文読む数も減っててまずい。さすがにこのままというわけにはいかなくて、相変わらずポッドキャストで英語のニュースを聞き続けてる*5けど、他にも何かしないといけないなと思いつつある。そこで上述の Kindred Spirits On The Roof ですよ、これ買えば Yuritopia に到達できて、しかも英語の力もついて最高の状態になります、という妄想が捗ったところでお後がよろしいか。

 

 

屋上の百合霊さんSIDE A もうひとつのユリトピア (ひらり、コミックス)

屋上の百合霊さんSIDE A もうひとつのユリトピア (ひらり、コミックス)

 

 

屋上の百合霊さんSIDE B 仲良しクイズ (ひらり、コミックス)

屋上の百合霊さんSIDE B 仲良しクイズ (ひらり、コミックス)

 

 

 

お越しくださりありがとうございます。このブログについて