ひながたり。

writing practice as practice flight

研究発表スライド作成で参照した本とかまとめ

ここ数日間は研究発表のスライドを作ってたんだけど、ちょっと時間が空いてたこともあって、そろそろスライドのデザインについてまじめに考えてみようと思い立った。スライドデザインっぽい本はこれまでに何冊か買ってたんだけど、いざ作ろうとするといつも時間に追われてデザインまで気が回らないし、買った本もこれまで積んだままだった。今回スライド作るにあたって参照した書籍とかをまとめてみる。

 

めっちゃ役立つ

www.slideshare.net

 

いきなり書籍以外で申し訳ないけど、でも実際に超参考になったので一番目に書く。検索かけるとすぐ出てくる。僕はWindowsでスライド作成してることもあって、PowerPointでどういう操作すれば良いかが説明されててすごく助かった。このスライド自体がわかりやすいスライドになってて、紹介されている内容にはすごく納得感ある。いっそこれをユニバーサルな研究発表テンプレートにしたらどうか。そのほうが見た目に気を使わなくていいぶん内容充実させられる(はず)。

 

 

けっこう役立つ
研究発表のためのスライドデザイン (ブルーバックス)

研究発表のためのスライドデザイン (ブルーバックス)

 

 

以前に記事*1にしてた。今回とくに第1部が役に立って、結論から全体構造を俯瞰して考えられたし、あと目的と結論とアプローチのつながりを意識しながら作れたと思う。それにしても目的とか結論とか書くの、僕は何年やっても得意にならなくて、必要なときにパッと出てこないし、本書の図にあるようなフローチャート書いてもなかなか記憶に残らなくてきびしい。どうすればトップダウンで考えられるようになるのか。

 

 

そこそこ役立つ
論理が伝わる 世界標準の「プレゼン術」 (ブルーバックス)

論理が伝わる 世界標準の「プレゼン術」 (ブルーバックス)

 

 

以前に記事*2にしてたパラグラフライティングの本の著者が書いたプレゼンの本だけど、こちらはなかなか評価するのがむずかしい。白黒印刷なせいで配色が良くわからない、スライドの余計なものが「可能な限り必要ないものは削除」*3されていない、「ちょっとぎこちない図形」*4が多々見られるなど。それでも論理構成の組み立て方に関してはとても参考になるし、本文が読みやすいのはさすがといったところ。

 

 

ぼちぼち役立つ
レイアウト、基本の「き」

レイアウト、基本の「き」

 

 

内容、レイアウトだけじゃなくて文字組や書体までカバーしてるけど、これはスライドじゃなくてポスターやパンフレットを作る人向けの本だった。研究発表スライドに応用するには、ちょっとポップで垢抜けすぎてしまいそう。チャートやグラフの作り方は参考になるけれど、ここまでカラフルにはしないかなあという印象。でも配色の話はけっこう役立った。色が与える印象は僕が考えてた以上に大きくて、ちゃんと考えないといけないと思った。

 

 

気持ち役立つ
いいデザイナーは、見ためのよさから考えない (星海社新書)

いいデザイナーは、見ためのよさから考えない (星海社新書)

 

 

この本はレイアウトというよりかはその上流にあるデザインについて語られた本で、残念ながらスライド作成に直接役立つ部分は少なかった。「実例に見るヒント」という箇所で実際にスライドを出して説明してて、これは使えそうだと思って期待して読んだけど、研究の論理を伝えるのとは別の方向性を持ってて、そのまま使うことはできなかった。だけどデザインの根底に流れる哲学というかマインドセットを涵養(こんな難しいことば久しぶりに使った)するのには役立ちそう。アルドノア・ゼロって僕は全然しらなかったけど、キャラデザが志村貴子だって知って驚きの展開。

 

 

余 談

これはあくまでも僕の観測範囲内での話だけど、最近では研究スライドでも16:9のワイド化の流れがきてて、僕もそろそろ移行しようかなと思ってるんだけど、実際作ってみると1枚のスライドで相当広く使えて、情報の粗密の感覚がこれまでと違ってて難しさある。似たような話題をどこかで見たなと思ったら、以前の記事*5で引用した記事*6にあった美少女ゲームの塗りの話だった。面積比で単純に労力が4.3倍になるイラストレーターの苦労を垣間見た。

 

お越しくださりありがとうございます。このブログについて