ひながたり。

writing practice as practice flight

BGM事情

音楽については語れないから語らないようにしているけど、それでもピアノの音色は無学の身にも良さを教えてくれる優しさがあると信じてる。

 

ゲームのBGMの話、今年の初めあたりに夜のひつじの相思相愛ロリータというゲームを遊んでいて、シナリオもそうだけど、BGMが特に印象に残ってた。ほぼすべての曲がピアノだけで構成されてて、以前にも記事に書いてたけど、涅槃の空気、それにしとやかさ、あと少しの背伸び、そういったものを感じさせてくれる音楽で、いつまでもぼんやりと浸っていたい感じの曲ばかりだった。

 

hina747.hatenablog.com

  

ゲームをクリアすることでおまけのサウンドモードが出現すると思っていたんだけど、実際には音楽だけ楽しめるモードというのは存在しなくて途方に暮れていた。そしたら後日に安眠添い寝ロリータ、これは相思相愛~のファンディスクに相当する音声作品だけど、これを買ったら相思相愛~のサウンドトラックがおまけで付属してきた。ちゃんと調べてなくて、買う前には知らなかったことだったので嬉しい誤算だったし、おかげで存分に音楽を楽しめる最高の状態になれた。 

 

夢の途中

夢の途中

 

話は変わってラジオの話、朝目覚めてはラジオをつけたらラジオ深夜便がやっていて、もう終わりかけという時間帯だったんだけど、そこで流れてきたピアノの曲がとても印象に残ってた。曲の冒頭の部分ですでに大変良くて、夜の雰囲気が残る明け方の静謐さ、どことなく暗さをも伝えるその音楽をアンカーが紹介するには平井真美子の夢の途中という曲、早速調べたらiTunes Storeにもあったのでアルバムを買った。アルバムには一転して軽やかさのある曲も含まれていて、でもやっぱり夢の途中が一番良いのは変わらなかった。BGMと違って曲単体で主役になれる強さがあって良い。

 

ちなみにその朝の夢、まだ学生をやっていて、研究室のボスからフットサルの試合の取りまとめ役をやるように言われる。フットサルは隣の研究室と毎月一回やっているという設定で、僕はフットサルなんて出来ないし、どうしたものかと迷ったけど、でもこれはきっとボスの粋な計らい、隣の研究室とのコネクションを作って、僕の研究にシナジーを発揮させましょうというやつだと思って引き受ける。でも試合をやる前に地震が来たところで夢が終わった。

 

夏空のペルセウス タペストリー B 遠野恋

夏空のペルセウス タペストリー B 遠野恋

 

 

話をゲームのBGMに戻すと、最近、といっても10月の頭からだけど、minori夏空のペルセウスを遊び始めた。なんでこのゲームを遊び始めたかについては後日また別の記事に書くとして、この作品のBGMもまたピアノ感があって良い。ところどころでピアノじゃない音も聴こえるけど、でもメインで鳴っているのはピアノの音色だと思っている。ゲームに付属していたサウンドトラックで2番目にかかるmorningという曲、ゲーム中では恋の初登場シーンで流れるBGMが特に好きで、この場面は――例えを出すのは無粋であることは重々承知しつつも――Airで初めて観鈴に出会う場面と同じ感動をもたらしてくれた。けれどこの作品で強調されているのは太陽の光の眩しさと、色彩豊かな生命感であって、観鈴が儚い印象を与えるのに対して、恋はその尖った意志の力強さを良く見せてくれた、いや見せつけてくれた。ということで以上の曲あたりで最近はローテーションしてる。

 

Garden Original Soundtrack

Garden Original Soundtrack

  • Duca, ANZE HIJIRI
  • アニメ
  • ¥2000

 

書いているうちに色々と思い出してきて、そういえばCUFFSのさくらむすびとGardenもピアノの良いBGMを持っていたことに思い至って、取りこぼした話題に気づく。けれど本来が無学の身であって、ここまで書くのも結構苦労したし、あまり音楽に触れすぎてもぼろが出てしまう、というかもう出ているかもしれないので、この辺で切り上げておく。

 

広告を非表示にする
お越しくださりありがとうございます。このブログについて