ひながたり。

writing practice as practice flight

Hack120: THANK YOU BLUE (DAOKO)

ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250で紹介されているハック「Hack120: 毎週金曜日にアルバムを1枚買う」を真似てやってみる試み。今回のアルバムはこちら:

 

THANK YOU BLUE

THANK YOU BLUE

 

 

 

以前の装苑の記事*1で言及していたアルバム、買おうかどうか迷っていたところにAmazonのPrime Musicに新着していたから、時宜を得て早速聴いてみた。Prime Musicでは彼女の他のアルバムもいくつか見つけることができる。

 

1曲目の打上花火、米津玄師は作曲のみならず歌も歌えたのは知らなかった。彼に関して僕が持っている知識は、かつて初音ミクが歌っていた「マトリョシカ」のプロデューサー・ハチの時点で止まっている。マトリョシカYouTube動画に付いたコメントを流し読みしてたら、米津玄師から入ってハチを知りました、というのがあってちょっと衝撃を受けた。今ではむしろそっちのほうがメジャーなのだろう、考えてみればこの曲の投稿が2010年、もう8年も前のこと…

 

www.youtube.com

 

DAOKOのささやく感じ、あるいは透き通った歌声とでも形容すれば良いのか、それが耳に心地良い。「さみしいかみさま」は以前に日本アニメーター見本市の動画を見て惹かれたのと同じ感情をもたらしてくれたし、「ゆめみてたのあたし」は独白のつぶやきのようなつくりで、こういう曲もありなんだと新しい世界を見せてくれる。なおどちらもヘッドホンで聴くとささやき感が増す。たぶんこういう感じの声が好きなんだと思う。

 

以上、全13曲のアルバムでした。今回はこのへんで。